もふもふしたい日々

意識たかいたか〜い、能力ひくいひく〜い

社長さんの本を読んだ。2

 

今回は、株式会社ディー・エヌ・エーの前社長、南場智子さんの著書、

「不格好経営 チームDeNAの挑戦」を拝読しました。

 

前回サイバーエージェントの藤田氏の著書を拝読したときも思ったことなのですが、

インターネット業界は何もかもが早い!!!!

 

技術の進歩も、シェアの移り変わりも、あっという間ですね。

 

私は小学校の高学年頃、今から約8年前からPC、インターネットに触れてきました。

改めて振り返ってみると、今とは全然違う。

 

ネットサーフィンをしていたときに見ていたブログやサイト、今ほど高機能ではなかったような気がします・・・。

 

この本に書かれていたことで、私自身の経験から、昔から変わったなあと思うものを2点、書きたいと思います。

 

出会い欲求との戦い

 私はずっと某Hというゲームサイトで遊んでいたのですが、まあ荒れたい放題。

出会い目的、セックス目的、などなど、犯罪の温床だったのではないかと思われるようなものでした。

私がネットに触れるようになってから1年ぐらいの頃でしょうか、ゲームはPCから携帯電話のものになり始めます。

携帯電話が若者に普及するにつれ、性犯罪なども増えてきました。

DeNAの運営するモバゲーやGREEmixiもそのような場になってしまいました。

 

そこでDeNAでは委員会を設け、関係省庁などと協議を重ね、健全なSNSにする取組が行われました。

「人間なら必ず出会いたくなる」

ということをわかった上で、

未成年にはフィルタリングをする、という総務省の方針が打ち出されても、

何度も協議をし、未成年でもSNSを利用できるようにしてくださった南場氏たちには

本当に感謝です。

このように、SNSが昔に比べ圧倒的に健全になり、犯罪の数も減少、かつゲームは楽しめます

これは本当に大きな変化だったと思います。

 

ソーシャルゲーム

 SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)

ここ数年でよく聞く言葉になりました。

mobage,GREE,mixi,Facebookなど、今ではほとんどの人が利用してるのではないでしょうか。

この本の中でもその存在について語られていました。

「怪盗ロワイヤル」のヒット。

ゲームがPCから、携帯へ

これはすさまじかった。友達みんながやってたもん。

このゲームのヒットをきっかけに、様々なソーシャルゲームが生まれ、みんなに利用されるようになったような気がします。

 

8年前、スマートフォンが普及し、携帯電話はもはや時代遅れ。

ゲームは携帯どころかスマホでたくさんできる。

だれがそんなことを想像できたでしょう。

 

この進化はすごい。スマホゲームは今いくつあるのかわからないほどたくさん生まれ、mobageももちろんスマホ向けゲームに重心を置いています。

技術の進歩が早ければ、シェアもすぐに移り変わる

そう改めて思いました。

 

最後に。

ベンチャー企業を起業するというのは、思い切りのある人間にしかできないなあと思いました。(どのような企業でもそうかもしれませんが特にベンチャーは、という意味で。)

こうして本で読むとジェットコースターに乗ったようで、すごいなあ、おもしろいなあと思いますが、実際自分が社長だったらまあまずどっかで野垂れ死んでる。

 

全国の社長さんたち、これから起業しようと考えている人たち

素晴らしいと思います。本当に尊敬します。

 

私は国は政府が変えるというよりは、企業から変えていってほしいと思っています。

不況だなんだって言いますけど、それがなんだよって話です。

国民は政府に文句を言いますが、自分たちがどうすればいいかなんて考えません。

それがいけない。

これからの日本は、

私たち国民一人ひとりが意識を持ち、企業が経済を支え、国さえも変えてしまう、そんな国になってほしいです。

 

これからも、いろんな企業が国内外を問わず、活躍してほしいと思っています。

また、私もその一員になれるよう一生懸命努力していきます。

 

*1

 

 

*1:今回は本の感想よりも、内容と現在の状況についての私の考えに重点を置いて書きました。